· 

セックスの上手さ


セックスの上手い下手はどこで決まるのか?

 

勃起力?おちんちんの大きさ?激しいピストン?

 

どれも違う気がします。私が思うには、

 

「女性をその気にさせる力」

 

だと思います。

 

ずっと書いているよに女性が感じるのに必要なことは女性の気持ちです。女性がその気になれば感じられるし、その気にならなければどんなにやっても感じることは無いのです。だから女性をその気にさせることが出来れば女性は感じられるし、感じられればクことも出来るし、その経験をさせてくれる男性と思われれば次も感じてイケるようになり、セックスが上手いと思ってもらえるのです。もちろんイクことだけが女性の快感ではなく、心を満足させることでも女性は快感というより心地よさを感じ、次もアリかな?と思ってもらえるかもしれませんね。

 

確かに硬かったり大きかったりするおちんちんが好きという女性は多いと思います。膣に挿入した時の圧迫感が快感に繋がるし、奥までおちんちんが届けばそれなりに感じると思います。でもそれがすぐに終わったり性感が高まっていないときに挿入されてもあまり感じないし、もしかすると痛いだけということもあるかも知れません。激しくピストンすればそれだけ射精も早くなってしまうので女性は不完全燃焼になってしまいます。それでは多少気持ち良くても満足は出来ないでしょう。

 

セックスにそんな派手さ(激しさ)は要らないのです。おちんちんを挿入して動かなくても女性は感じてアソコがヒクヒクしてイクのが分かります。信じられないかも知れませんが、女性が感じるとこのようにもなります。おちんちんが入っていると考えるだけでも感じるし、それが実際に入っていればそれだけで感じてイクことが出来るのです。

 

セックスが上手いというのは女性をイカせるのではなく、女性がイケるようにしてあげることだと思います。

セックスが下手というのはイカせたいという気持ちが先走り、自分だけが先走ってしまうセックスではないでしょうか。

 

こうしてみると男性が先走るあまり、女性を置き去りにしてしまっている状況が見えてきます。女性を置いていってしまってはいつ女性がその気になれば良いのでしょうか?女性と男性の間に気持ちの上でギャップが生まれ、男性は勝手に盛り上がり、女性は盛り上がれずに気が付けば終了している、そんな状態になっているのではないでしょうか。そのギャップはどんどん大きくなって、女性はそのうちセックスなんて気持ち良くない!もうセックスなんてしなくてもいいや!と感じてしまうかもしれませんね。

 

セックスが上手いというのは女性がイケるとかイケないとかではなく、女性の気持ちに寄り添ったセックスが出来るかどうかということだと感じています。イケるイケないは結果としてなのでどちらでもよく、心地よいセックスをしていればそのうちイケるようにもなるし、なによりも心地良くて楽しいと思えればまたセックスしたいと女性も感じてくれるでしょう。

 

精神的に気持ち良くなり結果として肉体的に気持ち良くなる。

女性の皆さんどうでしょうか?

このようなプロセスであれば気持ち良くなれそうではないですか?

 

感じたままに書いてみたので自信はありませんが、正解ではなくとも外れていないとは思いますがどうでしょうか???