· 

セックスはお互いさま


セックスは女性が先に気持ち良くなるものと書きました。

それはそれで間違いではないと思いますが、本当は女性が先でも男性が先でもどちらでも構わないのです。

 

女性が先に気持ち良くなるというのは挿入をする場合のことで、それ以前に関してはどちらでも良いのです。男は射精してしまったらしばらくは回復しないので、男が先に気持ち良くなってしまっては女性が気持ち良くなれないからそう書いたのです。

 

例えば女性が先にフェラチオをしてあげるだけでも男は気持ち良くなれます。射精してしまっては元も子もないから寸止めですが、その後に女性への愛撫をするということがあっても全然OKですよね。性感マッサージをしていて途中で女性がペニスに手を伸ばしてしごかれることもありますが、セックスの時でも途中でシックスナインを入れることもありですよね。性感マッサージの時にしごかれて射精するようなことはありませんが、女性も気分が盛り上がってくれたのだと思うとさらに気持ち良くしてあげようと頑張ってしまいます。そうするともうペニスを握っていることが出来ないくらいに感じて、あとは自分の世界に没頭して快楽に身を任せるようになるので挿入することにはならないので女性の方はご安心ください(笑)

 

シックスナインをしてどちらが先にイクかなどと競争だ!

 

なんてお互いが一生懸命にフェラチオとクンニをしたとしたら、女性はいつでも「い・れ・て!」の状態になりませんか?

フェラチオを一生懸命やり過ぎると射精のタイミングが早くなるのでその点はご注意ください。

 

でもこんな感じでお互いを気持ち良くしてあげながらセックス出来たら楽しいと思いませんか?

相手が喜んだらもった気持ち良くしてあげようと思いませんか?

気持ち良くして貰ったら相手にも気持ち良くなってもらいたいと思いませんか?

 

こう考えてみるとセックスはお互いに気持ち良くしてあげようと思う事が大切なことが分かります。

 

でも女性の不満が多く聞かれるのはやり方の問題だけです。気持ちはお互いにあるのに上手くかみ合わないだけで、気持ちと行動が噛み合うようになれば女性の不満も無くなるのにといつも思います。とは言えいつもいつも噛みあわなくて次第にレスになっていく、不満ばかりが残るセックスしかしてもらえないというのも現実ですね。だから性感マッサージを受けたいと勇気を持って声を上げるのですよね。。。

 

性感マッサージでは一方的に女性を気持ち良くしていきますが、それはどうすれば気持ち良くなれるかを体で覚えてもらうためのもので、一度覚えると女性の脳が気持ち良さを記憶するので愛撫されると快感が甦るからそうしているのです。あとはパートナー次第となるのですが、パートナーのテクニックを向上させるのは女性の責任であるとも言えます。性感マッサージは女性が感じられることを発見してもらうまでしか出来ません。イクことが出来ればイキ方を覚え、感じられたらどうすれば感じられるかを覚え、後で実践した時に性感マッサージと同じような感覚を甦らせるお手伝いが出来るに過ぎません。

 

セックスはお互いさま。女性も忘れないでくださいね。