· 

性感帯開発は背中からがベスト!


性感帯開発は背中から始めるのがベストだと思います。

賛否両論あろうかと思いますが、性感マッサージをしていて導き出した結果です。

他のところよりも最優先で背中を開発するというものではなく、背中から始めてそこから全身へと性感帯を繋いでいくというイメージでおこなうということです。

 

背中から始めるには理由があります。

 

①抱きしめながら背中を愛撫出来る

女性は気持ちで感じるものです。セックスする時に「ほんじゃ始めるか!」という人はあまり居ないと思います。キスをしたりハグをしたり気持ちを高ぶらせながら突入していく感じですよね。これがしながら愛撫できるのが背中なのです。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、背中にはこれだけの性感帯が分布しており(赤丸の部分)、どこでも感じることが出来るのです。それほど強く感じることはあまりありませんが、背中で感じるようになれば他のところに移った時により強く感じるようになります。

 

②背骨を中心に愛撫することで性感帯が広がる

背中には背骨が通っており、骨が感じるという事を覚えてもらうには最適です。コツコツと軽く叩くような愛撫をたまに入れて反応を確認します。感じないようであれば叩くのではなく背骨を中心に撫でるようにし、背骨から快感が広がっていくイメージを植え付けます。黙りこくって愛撫するのではなく、「ほら、どんどん快感が広がっていくよ」などと女性に伝え、女性が頭でイメージするのを助けていきます。女性は頭の中でそのイメージを描き、体の反応は本当にそのようになります。背骨であまり感じなければ脇腹や腰もあるので、焦る必要は全くありません。最初は感じるところを探していくというイメージで良いでしょう。

③背中で感じなければ首筋からへと即座に変更できる

必ずしも背中で感じるとは限りません。ただ単になぞっていると思われてしまうかもしれません。その時には非常手段として首筋を責めるという手に即座に自然に変更できます。女性は一旦感じてしまえば火が付くので、首筋で感じた後に背中に移るとさっきよりも感じる可能性もあります。

④背中で感じなくても焦らず先に進む

性感マッサージの流れは背中から足に向かって下がっていきます。背中の次は足裏に飛びますが、足裏から太腿にかけては感じる女性も多いですから心配いりません。その後にお尻をマッサージして感じ始めたところで再び背中に戻ると、先ほどとは違った反応が見れる場合があります。そうしたら背中を愛撫し始めればよいのです。「さっきとは違う感覚でしょ?」などの言葉もお忘れなく。必ず感じますので戻ることも忘れないようにしましょう。

このように背中から性感マッサージを始めるメリットは多くあります。女性の希望があれば別ですが、背中から性感帯開発が進めばその後の性感帯開発が楽になります。セックスする時は大抵背中から始まりますので、入り口が感じればその後も必ず感じるようになります。

 

そのために背中からの性感帯開発をおススメします。

 

性感マッサージを体験したい女性はお気軽にお申込ください。無料で性感マッサージをおこなっております!

#愛知、#名古屋、#女性専用性感マッサージ、#性感帯開発、#背中感じる